中学受験?中学受検?都立の入学者選抜

都立中高一貫校の入学者選抜においては、「入学試験」ではなく「適性検査」が行われます。これは文部科学省の指導によるもので、私立の入学試験とは異なる趣旨であることがはっきりと示されているのです。ですので、都立中学の入学に関しては「中学受験」ではなく「中学受検」とする場合もあります。
しかし「中学受験」でないからといって、特に勉強をする必要がないとするのは誤りです。
適性検査がスタートした当初、「受検生」たちは小学6年生になってから塾に通い始めていましたが、今では小学4〜5年生から通い始めることが多くなっています。
要は、「受検」をするためにはそれ相応の学力が必要なのです。
国語の勉強をしなければ、作文は書けません。
理科の勉強で身につく観察力や、算数で必要な法則を見つける力などがなければ解けない問題も出題されます。
タイトルでは「中学受験?中学受検?」と表現を分けましたが、どちらにせよ十分な勉強が必要なことも確かです。
ただ、適性検査に向けてしっかりと勉強すれば考える力が身につき、それは子どもにとって大きな財産となるでしょう。
都立中学入学のために勉強することは、とても意義のあることなのです。
中学受験失敗回避マニュアルには中学受験の情報が詳しく載っています。